RSS | ATOM | SEARCH
ヨメでもできる支柱立て〜☆
洋ランの支柱立ては難しいように思いますが、
スペクタビリスのように自然な形に仕立てるものは
ポイントさえ押さえれば簡単にできます。
慣れてくると意外と楽しいものですよ〜(^−^) 


てことで、今日はミルトニア・スペクタビリスの作り方を紹介します☆
(いろいろ仕立て方がありますが、今回はヨメ流で)

まずスペクタビリスをミズゴケで植え込みます。
仕上がりをイメージしながら植えると上手くいきます。
こっちが正面↓
ミルトニア・スペクタビリス
ポイントは株の形がきれいな方を正面にします。
葉っぱも花の邪魔にならないように、少し奥に倒して植え込みます。

支柱を茎のすぐ後ろ側に挿します。
ミルトニア・スペクタビリス
ぐらぐらしないように挿すのがポイント
ここが緩いと、あとで傾いて形が崩れちゃいます。

後はテープでとめるだけ!
普通にテープをぐるっと巻いて動かないようにしてもいいのですが、
今回はまだまだ生長途中の茎!伸びてくるのを阻害しないように、
茎と支柱がくっつかないようにします。

長めのテープを↓のように支柱に半分に折ってつけます。
粘着部分は端っこのみになるように。
ミルトニア・スペクタビリス

くるっと巻いて
ミルトニア・スペクタビリス

とめれば完成!
ミルトニア・スペクタビリス

(*´∀`*)簡単だったでしょ?
ミルトニア・スペクタビリス
ミルト二ア・スペクタビリス Miltonia Spectabilis


↓こんなにボッサボサでも(;´゚д゚`)、支柱を使えばあら不思議!きれいになるのですよ
ミルトニア・スペクタビリスミルトニア・スペクタビリス
author:i-orchid, category:栽培・仕立て, 21:41
comments(0), trackbacks(0), -
Comment









Trackback
url: http://blog.inayoshi-orchid.com/trackback/262